LIFE STYLE

至福の1杯・自分で淹れるこだわり珈琲 2

香り高いコーヒーにこだわる方も多いだろう。

淹れて20分ほどで風味が変わってしまうというほど繊細な飲みものであり、産地や焙煎具合などバリエーションが豊かだからこそ好みを発見できるのが興味深い。

たった一杯の時間の間にも是非至福の時間を過ごして頂きたいと思う。

前回:至福の1杯・自分で淹れるこだわり珈琲 1

 

時間の魔法がより美味しくするコールドブリュー

コールドブリューという言葉が一般的に聞かれるようになったのはいつ頃からだろうか。その言葉のとおり、低温抽出という意味をもつこの方法はここ数年で広まった新しい飲み方である。冷たいコーヒーといえば元々日本でアイスコーヒーが一般的だがそれとは抽出方法が異なる。時間をかけて豆の美味しさをまろやかに表現したもの、それがコールドブリューなのである。

 

アイスコーヒーはカップに氷を入れておき、熱湯で抽出し一瞬で冷やすもの。深煎りの豆を使用ししっかりと濃いめの味わいにするのが特徴だ。たっぷりの氷で急冷するため琥珀色に透き通った見た目は涼やか。ホットコーヒーと同じようにすぐに作れるもので便利でもある。これが一般的に見られるアイスコーヒーである。

一方、コールドブリューで使用するのは深煎りでなくてもよい。ミルクなど合わせたい方には深煎りがおすすめだが、さっぱりと味わいたい方は中煎り~浅煎りにするとよい。フルーティな酸味を堪能することができるだろう。

 

じっくり作るからこそこだわりたいのが水。水道水にはカルキが含まれているためできれば一度沸騰させ、冷ましたものを使用したい。ミネラルウォーターもおすすめだ。その場合にはコーヒーの味を邪魔しない軟水を使うようにしよう。

ここでのポイントは時間をかけること。少なくとも8時間、長めに12時間をかけてじっくりと抽出する。当然だが水を入れてもすぐにコーヒーが抽出されるわけではない。ゆっくりと時間をかけて抽出されていくのだ。作業は冷蔵庫に入れておくだけ。待っているだけでできるとはなんと手軽であろう。

 

苦みや渋みの原因となるカフェイン、タンニンは、水に溶けだしにくいため、コールドブリューはすっきりまろやか。熱を加える工程がないため酸化しにくい。酸化の原因となるコーヒー豆の油分自体が水に溶けにくいため、すぐに飲み切らない場合でも美味しくいただくことができる。家でたっぷり飲みたい場合には大きめのボトルで作っておくとよいだろう。